センスと生活しやすい家|ライフスタイルにあわせた一戸建て、注文住宅

大分県大分県とは九州の北東部にある県です。東は四国の愛媛県に、北は山口県に、北西は福岡県、西は熊本県、南は宮崎県に接しています。大分県は、日本の中央よりは大陸に近いという九州島内では特異な地域です。そのため大陸との関係は少なく、瀬戸内地方との関係が深いです。気候は温暖ですが、地域差があり、沿岸地方では年平均気温15℃~16℃で降水量1400~1800ミリメートルですが、山地では年平均気温12℃~14℃、降水量は2000ミリメートルを超えます。森林、鉱物、水産などの資源には恵まれている県で、県の総面積の70%を占める林野からは杉材がとれ、全国5位の林業県です。


全国的にも有名なのが、関サバ関アジです。潮の流れが早い豊後水道で揉まれて引き締まり、脂がとても良く乗った状態で1本釣りされるブランド品です。新鮮な関サバをサイコロ状に切り熱いご飯の上に乗せ、酒、醤油、ネギをかけて食べるサバの琉球は大分の名物で絶品です。


人口は現在は特に若年層を中心として、減少傾向にあるようです。交通の便は、鉄道ではJR九州の国道10号線と並行して走る日豊本線、熊本方面への豊肥本線、久留米方面への久大本線が通っています。道路は国道10号、57号が、高速道路は九州横断自動車道が通っています。また、この県では瀬戸内海に面しているため海上交通が盛んです。別府港より阪神、四国、広島、のフェリーが通じています。この県で工務店等で注文して家を建てる場合の人気地域は、大分市、中津市、日田市などとなります。


工務店では県の林などから取れた材木を使った家を建ててくれるところもあるようで、こういったことが出来るのも、地元の工務店ならではの良さかと思います。