長く付き合う大切なパートナーと捉える姿勢

ホームへ戻る >  ハウスメーカーと工務店の違い  > 長く付き合う大切なパートナーと捉える姿勢

青森青森の気候は、四季がはっきりしていますので、日本特有の風土気候を意識した一戸建て作りが必要です。


良い家とは、人それぞれ解釈が異なりますが、家族が健康で安心に暮らせる一戸建てという点は、誰もが一戸建てに望むこだわりではないでしょうか。


また、日本の一戸建ては、画一的なデザインや、何々風といった目先だけ斬新さを取り上げたような一戸建てを多く見かけます。青森の一戸建ては、青森の風景や街並みに溶け込むような姿であってほしいと願いますし、そうした一戸建ては、青森の厳しい気候風土にも共存していくことが可能と思われます。

ヨーロッパなどの長寿住宅は、皆スタイルが統一され、独特の美しい街並みを形成しています。その土地の気候風土に合った、昔からの知恵や伝統を受け継ぎ、豊かに暮らしている様子は、年月の重みを感じます。


青森の一戸建ても、青森建材を使用した木の家を取り入れ、青森ならではの一戸建てを見直すことが大切です。優れた住まいとは、機能性や利便性だけではありません。施工期間が短く、コスト面でのメリットばかりに注目せず、愛着の持てる家作りが重要です。


家を住む為の道具と考えず、長く付き合う大切なパートナーと捉える姿勢が、長く大切に住み続ける一戸建ての普及に繋がるのではないでしょうか。