秋田杉の家作り

ホームへ戻る > 秋田杉の家作り

早さや安さだけでなく、豊かで健康な暮らしを実現
庭付き一戸建てに住んでいちごを栽培
3000万円以内で庭付き一戸建て
紀州檜や紀州杉を使用した一戸建て
自由設計で住宅を建てる件数が徐々に減少

秋田の注文住宅なら、秋田杉で建てた家が理想ではないでしょか。しかし、現状では、秋田だからといって、どの注文住宅でも秋田杉を使用しているわけではありません。


むしろ、大手ケーカーの画一的な一戸建ても多いように感じます。秋田杉の魅力は、その木目の美しさや、耐久性、香りなど様々です。

最近は、秋田でもっと秋田杉の一戸建てを増やそうと言う動きも活発化しており、秋田杉の家作りが見直されているようです。日本の夏は蒸し暑く、梅雨時には湿気が発生します。また、秋田の冬は雪も深く、厳しい自然に適応する一戸建てが必要です。私は、マンションから木の家へ住み替えましたが、まず、結露の悩みが解消しました。


マンションでは、機密性が高い一方、無機質な資材により作られているため、湿度の微調整などは出来ません。外気との温度差により、結露が大量に発生し、カーテンにはカビまではえてしまいました。木が呼吸している家は、人口的な資材にはない、自然のエネルギーを感じることが出来ます。


木の家では、結露が発生することもありませんし、冬も、無垢板のフローリングを裸足で歩きます。夏は、外から帰ってくると、ひんやりと心地よい空間を感じることが出来るのです。秋田で一戸建てを建てるなら、秋田杉の家をおすすめします。