インプラントは入れば歯に替わる歯

ホームへ戻る > インプラントは入れば歯に替わる歯

天然の歯と同じような機能
歯磨きが虫歯予防には重要
歯の痛みをとる
矯正歯科は高いというイメージ
顎の関節は安定

インプラントは入れば歯に替わる歯として注目を集めています。治療は、虫歯や歯周病などが原因で失ってしまった歯の代わりとしとし、抜けた部分にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上にセラミックなどでできた人工の歯を装着する方法です。入れ歯と違って見た目の自分の歯のような自然な仕上がりで、人前でも口元を気にせずに食事や会話をすることができます。従来の治療法では、ブリッジによる治療の場合は歯を1本失っただけでも両側の健康な歯を削らなければならなかったり、取り外し式の部分入れ歯を使うなら、装着時の違和感や食事をする際の食べにくさ、部分入れ歯を装着するための金具など見た目の悪さなどデメリットが多くありました。

インプラントであれば、失った歯だけの治療であるため、健康な歯や歯茎を削ることがないため安心です。新宿には数多くの歯科がありますが、自分に合う評判のよい病院を探すのは容易ではありません。東京都歯科 歯医者 口コミ ランキングは3000人以上の患者が選んだもう一度治療を受けたい歯科医院を検索することができます。新宿区内を地区ごとに分けて細かく歯科を紹介しており、新宿区内の各歯科のホームページとリンクしているのでインプラント専門歯科を探すのに大変便利です。