天然の歯と同じような機能

ホームへ戻る >  インプラントは入れば歯に替わる歯  > 天然の歯と同じような機能

乳歯、永久歯に継ぐ第三の歯として広く知られているのがインプラントです。治療方法は歯が抜けたところに人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせることで天然の歯と同じような機能を取り戻すことができ、自然な歯並びをよみがえらせる治療法です。なぜ天然の歯と同じような機能を回復できるのかといえば、抜けたところに植え込む人工歯根は大体がチタン製であり、骨との組織結合がしやすく直接密着し安定するので天然の歯と同じような感触を得ることができるためです。

また、自然な外観や表情を取り戻すことができ、噛む機能が天然の歯と同じに回復するため、食べ物の制限もなくなり食事を楽しむことができます。この治療法は十分な診査が必要で、誰もが治療をできるわけではありません。骨の状態によっては治療が向かない場合もあります。目黒区内の歯科でインプラントを希望するならば、最新の医療設備と治療、豊富な実績がある歯科を選ぶことがポイントです。例えば手術においては、インプラント専用手術室があり徹底的な衛生管理ができている病院などです。日本口腔インプラント学界認定医がいる目黒の歯科であればさらに安心です。また目黒の歯科で、患者の希望を聞き入れて治療前のカウンセリングを十分に行うところを選ぶことが必要です。