プラークが停滞しにくい環境

ホームへ戻る > プラークが停滞しにくい環境

矯正歯科は年齢に関係なく誰でも受診
子供が歯列矯正などの場合
歯科衛生士がPMTCと呼ばれる専門機器
ウォーターサーバーの水の味
歯周病が原因で口の崩壊

目黒区は旧東京府荏原軍目黒町と東京府同碑衾町が合併して東京市に編入されたときに誕生し現在の目黒区に至っています。目黒区には審美歯科・予防歯科・矯正歯科・小児歯科など歯科医院がたくさん存在します。従来歯科の目的はむし歯や歯周病の予防と治療でしたが、今は美しく見せる審美歯科や矯正歯科、子どもの為の小児歯科など、その目的にあった歯科が選ばれるようになりました。矯正歯科には歯並びを美しくするという目的で通うという認識がありますが、むし歯や歯周病の予防にも有効であるということが分かってきました。むし歯や歯周病の原因は、歯と歯茎の間にプラークという汚れが残っていることです。このプラークは歯並びが悪いと歯の間に停滞しやすく、また、歯並びが悪いと歯ブラシも上手く当たらないために歯や歯を支えている骨が溶けてしまうという事態が起きてしまうのです。

矯正歯科において、歯並びを整えて、歯ブラシが上手くいきとどく状態を作ることと、プラークが停滞しにくい環境を作ってあげることが大切です。そして、正しいブラッシングを一日に一回時間をかけて行なうようにして、80歳になっても自分の歯が20本以上残っているという8020を目指してがんばりましょう。