歯科衛生士がPMTCと呼ばれる専門機器

ホームへ戻る >  プラークが停滞しにくい環境  > 歯科衛生士がPMTCと呼ばれる専門機器

健康な歯がいかに大切であるか、若いうちはわからないものです。高齢になると徐々に歯茎が細くなり歯を失う人が増えてきます。その原因の一つ歯周病があります。高齢者に多く見られる歯周病は、最近では30代以上の世代で約8割がかかっているともいわれている国民病です。症状は、歯を支えている組織が細菌感染によって炎症を起こし、歯肉炎から歯周炎に進行していきます。歯周炎を予防するには、病原菌が繁殖増殖しにくい口腔環境を維持することが重要です。予防はケアや歯科で行うプロフェッショナルケアとホームケア(セルフケア)の双方が必要になりますが、定期的に歯科で行うのがプロフェッショナルケアです。プロフェショナルケアは、歯科衛生士がPMTCと呼ばれる専門機器を用いた歯の清掃方法で、歯の表面を覆うバイオフィルム(細菌を含んだ膜状の汚れ)やステイン(茶渋のような着色)、歯石を除去することと、自分の口の状況にあった適切な清掃法の指導を受けます。

セルフケアは口の中を常に清潔な状態に保つことと十分な睡眠とバランスの取れた食生活を送ることです。中央区には歯周病治療を専門に行っている歯科もあります。中央区内の歯科の評判や口コミを知りたい場合には「歯医者さんネット」や「中央区口コミ歯科」などの検索エンジンを利用すると便利です。